自動車の処分方法

事故

事故損傷車を高く売る

全国どこかで毎日交通事故が発生しており、自動運転や自動ブレーキなど先進の安全システムが搭載された車が発売されると、衝突事故が減ることに寄与したとは言え、交通事故がゼロになることはありません。気を付けていても、相手からの衝突も考えられます。何らかの理由により、事故車となってしまい、買い替えを検討される場合、事故車の処分は問題となります。通常の買取店は走行可能な転売価値のある車を対象としており、事故車のような転売が難しい車両は買取をしないケースがあります。買取りはおろか逆に処分費を求めるケースもあり、購入する資金にプラスとなると痛い出費となります。買取店は買取った車をオークションや中古車購入を検討するユーザーに転売することを生業としています。事故車の場合、中古車購入者が耐久性への懸念を持つことから、転売でのメリットが低く、買取がされないことが多いです。損傷が激しい車の場合、処分費用としてお金が求められるケースも稀ではありません。しかし、通常の買取店ではなく、事故車専門の買取り業者に依頼すれば、高値で買取りしてもらえることがあります。事故車は車としての転売価値は低いも、部品資源としての価値が高いです。損傷部位ではない箇所の多くは取り外して再生部品として生まれ変わります。日本から中古車として輸出される国では、部品が不足しており、日本で事故車となった車は部品取り用として高い価値が有るのです。重量税や自動車税の還付金と自賠責保険料の返戻分をプラスすると意外な高値となることがあるのです。